三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【97】稽古納め・1年の練習振り返りと最近感じてるプレッシャー

今日は2020年最後の道場での練習だった。

 

今年の自分のテコンドートピックを振り返る。

 

***

 

①月別

  • 1月〜3月 平和。4月に昇級審査を受けるつもりで練習に臨む。
  • 4月 コロナが流行り始め、不安だったので自主的に練習参加自粛
  • 5月〜6月 都の自粛要請で道場での練習が本格的に休みに。自宅で型の練習など。
  • 7月 徐々に練習再開
  • 8月 昇級審査延期。いつするかは分からない。
  • 9月 仕事が忙しくなり始め練習に行けなくなる。
  • 10月 仕事が継続して忙しい。平日はあまり練習に行けなくなる。家でHIITしたり走ったり。審査は10月に行われることになったが練習量が圧倒的に不足していて、付け焼き刃で受けて無理やり昇級しても後が苦しいので辞退。
  • 11月 サービス残業が多過ぎるので「残業させるなら残業代申請させてほしい」と直談判したら残業が減った。再び週3ペースで道場へ。
  • 12月 走ったりママチャリで区内を走り回ったりしていた効果か脚力がちょっとついて蹴りが強くなる。が、軸脚の支える力と体幹の弱さは依然として課題。
  • その他 合宿、交流会、納涼会や忘年会も中止。練習はマスク着用。だいぶ慣れてきたけど結構苦しい。

 

 

②師範から受けた指導

  • 縮んだ状態(準備)から伸びる(蹴る)
  • 縮めてから伸びるときに使うのは胸の筋肉。肩じゃない。伸びる時に肩が上に上がって力が入り過ぎる。胸を開く感じで。
  • 準備→力を抜いてモーション→蹴る瞬間にインパク
  • 反り腰な上に上体が反ってる。腰痛くないの?
  • 回し蹴りのミット練習で脚が中途半端に高い。上段蹴るなら頭部、中段蹴るなら胴。肩は蹴っても意味がない。
  • 蹴った後の脚を止めること。勢いで振り切らない。

 

肩の力を抜け、は今年だけじゃなくて入門してからずっと言われてるな…힘빼!!!(ヒム ぺ!!!)ってもう言われてなくても幻聴で聴こえてくるくらい言われてるわ…少しずつマシになってると信じたいけど多分来年も言われ続ける…直したい。。

 

 

③個人的一大事

これね。「人に教える」っていう。

【135】実は初めて - 三十路模索日記

 

自分の問題点として、

  • 自分は人に教えられる立場じゃないという思いが強い
  • 自分が練習してできるようになったことを言語化して伝えられない

 

教えられる立場じゃない、と強く思うのはなんだかんだで自信がないからなんだろうな。自分自身は成長してると思う部分もあるし、始めた時よりできることは増えたけど、多分圧倒的に練習量が足りない。だから自信もつかない…

言語化できないのも、結局練習を消化しきれてないからな気がする。来年に向けての課題。

 

鍼灸マッサージ師になると言ってからのプレッシャー

 

鍼灸師になりたいから会社辞めて学校通う」と道場で宣言してから、みんなに応援してもらっている。体触る練習に使っていいよ!と言ってくれる人続々。嬉しいけど、プレッシャーも感じる。

 

まず、道場に限らずだけど私は中国・台湾・韓国の友達が多くて、これらの国って東洋医学への馴染み具合が日本とは違う。そこから感じるプレッシャーが一つ。(この話はまたそのうち)

 

もう一つは師範の言葉。師範は指導者として素晴らしい経歴・資格の持ち主で、身体、特に運動機能に関してはプロ中のプロ。その師範から言われた言葉が頭から離れない。

 

  • なんでこの動きできないの?人の身体見る仕事だから自分が身体の動かし方分からないと駄目でしょ。
  • (他の練習生の動作を見せられて)どこが変か直してみて。よよこはこれからそういう勉強するから。
  • 鍼灸師は命に触る仕事だからね。本当によく勉強してね。

 

どこが変か直してみて、は観察力の問題だと感じてて、今の私には全然足りない…「正しい状態」を頭に叩き込んで、そこからズレてるというのがわかるようにならないと駄目だ…

 

来年から学生になって本格的に学び始めたら、もっと色々厳しいことを言われたり教わったりするんだろうな…

 

けど、学校以外の場所でもこういうことを教えてもらえる環境があるのは有難いし、道場での経験も強みにできるだろうなという気持ちもある。たくさん勉強して練習して、ここにいる人達に認められたら、きっとよそに行っても頑張れる。そういうモチベーションもある。

 

***

 

来年からは学校も始まるし色々新しいことに慣れるまで大変そうだけど運動も道場もできるだけ休まず続けて勉強のモチベーションにしていきたい。あと来年こそ審査を受けて1級でも昇級!!帯の色を変えたい!!