三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【108】1週間の振り返り【自分用メモ】

 

12/7〜13やったこと・考えたことの記録

 

***
①『革命のファンファーレ』再読

 

来週の『あちこちオードリー』のゲストがキングコングということで読み直そうかなと。

 

以前読んだのは鍼灸師になろうと思う前。その時はあんま何にも考えてなくて目的もなく読んだ…と思う。読んだことだけ覚えてて行動に反映されてないパターン。作者に呆れられそう…。

 

今改めて読み直して感じたのは「なんて鍼灸師(を目指す私)向けの本なんだ!」ということ。

 

クリエイターとしてのお金の使い方や広告の手法が書かれてるけど、クリエイターを鍼灸師に、作品を自分の手技に置き換えてもいいんじゃない?と。特に導線作りの話が印象に残った。

 

以前、鍼灸学校の先生がクラファンでこの本を鍼灸学生に配りたい!という企画をされたという話を聞いたけど(下のリンク参照)、この本をもらって読んだ鍼灸学生さん達が、どんなアクションをしたのかが気になった。

教員にとって臨床は「毒」であり「魅力」/関東鍼灸専門学校・副校長:内原 拓宗 | ハリトヒト。 - Part 2

 

私ってばまだ技術も知識も学んでないのに、学んだことをどう届けるかみたいなこと考えてて頭でっかちだな…けどこういうの考えるのも楽しいし、考えたことを実現できるかも!って思えるのが鍼灸師という職業のまた一つの魅力だよなって思う。

 

②ボーナス支給

 

こんな世の中だから期待してなかったけど、ボーナスを頂けた。来年からの生活に備えて計画通り預金口座へ…。夏の分と合わせてこれからの学生生活で大きな支えになってくれるはず。

 

本当は去年受験して今年から学生になりたかったけど、こうやって改めて残高見るとやっぱり一年延ばして良かった。

 

今年は「資金面の余裕を持たせるための我慢の一年」という位置付けだったけど、Twitterを通して色々な方と知り合えたし、進学に向けての準備や心構えも出来て、本気で鍼灸師の道に進みたいのか自分に何度も覚悟を問うことも出来た。

 

で、やっぱりやりたい!っていう思いを持ち続けてて今だから、資金面以外で考えてもこの一年会社員を続けた時間は無駄じゃなかった。

 

③背伸びした本を買ってみた

 

もらったボーナス、好きなことにもちょっとは使いたい!

 

ということで欲しいと思った本を注文!!

 

じゃーん!まだ発売されたばっかりの新刊!

f:id:yoyoko-445:20201215000059j:image

 

在宅とか地域福祉の分野で鍼灸マッサージをしたいから、どうしても気になる内容…。

f:id:yoyoko-445:20201215000112j:image

 

Twitterで紹介されてるのを見て、私にはまだ早いかな、理解できないことも沢山だろうな、と思い何日か悩んだけど気になって結局買った。

 

かろうじてEBMって言葉は分かる!(そんなことは威張れない)

 

分からないなりに読み続けて卒業までに考え方を身体に叩き込む!

 

***
Kindle Unlimitedでも本読み始めたし今週からは読書週間になりそうな予感。