三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【114】Twitter2年目

今朝Twitter開いたらこんな表示が。

f:id:yoyoko-445:20201208210325j:image

今日で@445yoyokoというアカウントでTwitterを始めて2年なんだって。

 

教えてもらったからちょっとだけ振り返る。

 

***


このアカウントの歴史は大きく3つの時期に分けられる。(ここから役に立たない情報が始まりますよ、心の準備はいいですか?)

 

***

①初期は朝活アカウント

「よよこ」というアカウント名の真実。

 

 

 

元は朝活で勉強しながら宅建受験に挑むアカでした。Twitterの晒し効果で有言実行が続き無事合格。

 

一回アカウント削除しちゃったけど、Twitterでよくして下さった方達とまた交流したくて復活。その復活したアカウントが今のアカウント。

 

②グルグル迷う期

宅建合格後の燃え尽き症候群的な。何したらいいのか分からなくて本読んだりテコンドー行ったりダイエットしてみたり。ミニマリズムの実践をしてみたり。

 

このブログ始めたのもこの時期らへんだと思う。だからこんな変なタイトルとURLなんですよ!(役に立たない情報)

 

鍼灸学校進学を決意〜現在

去年の8月に鍼灸師になりたいと思い、9月からググッて見つけた開業鍼灸師さんのブログを読み始め、同じ時期くらいからTwitterでも鍼灸関連のアカウントをフォローし始めて情報収集を開始。

 

ここから少しずつ世界が広がっていった。

 

リプで進学に関する情報を教えてくれた方がいたり、分からないことをDMで丁寧に教えてくれた方がいたり、おすすめの本を教えてくれた方がいたり。

 

私も微力ながらブログで情報発信をして、それを読んだ人の相談に乗ったり逆に相談したり。

 

Twitterを通して人と会うなんて想像もしていなかったけど、今年下半期からは直接お会いする機会を頂いた方もいて。

 

ただ夢を見るだけじゃなくて、受験のために行動したり、お金や将来をシビアに考えたり、勉強を始めたり、他の人の意見やアドバイスに耳を傾けたり。

 

Twitterが世界の全てじゃないけど、Twitterから現実の世界が広がった。

 

そう思う。

 

***
ただ楽しいだけじゃなく

Twitterを使いながら、「SNS、こんな時どうすれば?」みたいな今まで思ったことがない悩みにも実はちょっぴりぶつかった。別に大したことじゃないけど。

 

会社組織でもない、自分で運営する自分のメディアだから誰かが守ってくれるとかもない。直接会って互いに言葉を尽くし合えるわけじゃないから誤解が起きた時の軌道修正も難しい。

 

何を言うか?言わないか?困ったらどうする?自分で考えて答えを出して行動を決めていくしかない。

 

ちょっと大げさ?けどこれもTwitterで学んだことの1つ。まだまだ至らないこともあるけど。

 

***

 

2年間(前のアカ入れると3年間)Twitterを使ってて思ったことを書いてみた。

 

画面の向こう、ツイートの向こう、ひとつひとつのいいねの向こうには誰かがいる、いつか会うかもしれない、仲間になるかもしれない人がいる。

 

大事なことは忘れずに、これからも楽しく使っていきたいな。