三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【117】支援給付金受給中のバイト、どうなる?どうする?①

来年度から雇用保険から出る給付金を受給しながら、専門学校で勉強する予定の私。

 

学費支援のための専門実践教育訓練給付金(3年間で168万円)に加えて、在学により働けない期間の生活を支援してくれる教育訓練支援給付金も受給する。後者はいわゆる「失業手当」の延長的な制度で、卒業までの間2ヶ月に1度まとまった金額を受給できる有難い制度だ。

 

しかし以前にも書いた通り、この支援給付金は当初私が思っていたより少ない額だった。支給金額は「失業手当の80%」、つまり「現職の給与の80%の80%」。身も蓋もないけど、私の場合は月13万円くらいになる。(※細かい計算方法等の説明は省きます)

【403】いくらもらえる?教育訓練支援給付金・ハロワに行って聞いてみた② - 三十路模索日記

 

月13万円で生活できるか?と言われると、正直結構ギリギリだ。

 

生計を共にする配偶者やパートナーがいたり、実家に住んでいるなどで親の支援があったりすればこの金額でも余裕かもしれないが、私のように独身一人暮らし親の支援一切無しの完全1馬力型には、なかなか厳しい金額だと思う。(勿論家族がいても大変な人もいると思う)。

 

既に数年前から月12万くらいで生活するようにしているので13万円あれば最低限の生活はできる自信があるが、勉強会やセミナーに参加したり、本を買ったり、あとちょっとくらいは息抜きで遊んだりなどを考えると、13万円はあっという間に超える。正直全然足りない。

 

で、必然的にアルバイトをする考えだったのだけれど、給付金を受給しながらの労働には時期によって様々な制約があることを知る。

 

働ける時間数、稼げる金額に制限があり、それを超えると最悪な場合受給資格が消滅したり、申告せずにコソコソ働いて給付金を受給していると不正受給で罰せられたりするのだ。

 

受給資格の消滅も、不正受給での罰則も怖い。生活費が足りなくなるのも怖い。

 

また色々心配になってきたので調べてまとめてみた。

 

長くなるので本題は次回。