三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【179】Twitterって全部遡れないんだ、じゃあやっぱりブログ書こう

「思ったことを雑多に書く。」

 

ブログには、一応誰かに読まれてるかも、という意識を持って、いつも割とざっくりと構成を考えてからまとまった文章を書くようにしてたけど、これからこのパターンが増えそう。

 

そう、まるでTwitterで140字で呟くように。

 

というのも、Twitterで、自分の過去のツイートを全部遡れないということを昨日知った。

 

***

 

鍼灸師目指し始め期って私どんなこと呟いてたのかな〜」「そう思う前はどんなこと考えてたのかな〜」となんか気になって過去に向かってスクロールしまくってたら、去年の9月くらいでスクロールが止まって読み込めなくなった。

 

「2018年12月からこのアカウント使ってるのになんで??」

 

ヤフー知恵袋を見たら「リツイートや返信も含み直近3200までと仕様上決まっております。 それ以上古いものは検索でしか引き出せません」という回答が書かれていた。(自分の過去ツイって全部見れないんですか?? - 上に表示されて... - Yahoo!知恵袋 )

 

知らなかった!

しかも検索しないと出ないとかめんどくさい。

私はもっと気軽に振り返りたいのよ。

 

検索しないと見られない過去のツイートには、今に繋がる大事なヒントになるような、そんなことも呟いていたかもしれない。それが例えば今から遡って3200個目にあったとして、だけど今私が適当に「うんこ!」とかツイートしたら、うんこはあと3200ツイート分タイムラインに残り続けるのに、真面目に書いたかもしれない呟きはわざわざ検索しないと出てこなくなるなんて、なんという不条理。

 

***

そんなわけで、思ったことやまとまったことは140字に自分でリプを繋げて書くのではなく、こうやって出来るだけブログに残そうと決めた。

 

ブログのほうが圧倒的に見返しやすい。

日記でもいいじゃんって思う部分もあるけど、雑多に書いた文章とは言えやっぱり仮にも人に見られることを意識した場所に書くほうが、まとまりがある文章になるし後で自分も読み返しやすい。日記もつけてるけど、なんかそっちはもっとカオス…日記はどちらかというと感情剥き出しで、吐き出すことによって思考だけじゃなく心の整理をすることも兼ねてるから、後から見て自分でも意味わからないこともある。

 

ということで、まとまったことを思いついて、ちょっと整理して書いてみたいな、という時はこれからはTwitterでなくもっとこっちの方に色々書いていくことにする。