三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【373】初めての“貼るお灸”体験

火も使わずシールで貼り付けるだけ、というなんとも気軽なお灸があると聞き、早速買って試してみたので今日はその感想です。

 

***

キッカケはツイッターで呟いたこのツイート。

 

これ、今思うとリツイートした写真も貼るお灸だったのかな?

 

とにかくその存在を全く知らなかった私のツイートに、親切な鍼灸師さんが反応してくれて「貼るお灸」のAmazonリンクを教えてくれた。

 

それがこちら。

火を使わないお灸 30コ入り

火を使わないお灸 30コ入り

  • 発売日: 2006/07/18
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

お灸といえば火を使う、そんなイメージを覆す一品。

 

鍼治療は経験があったけどお灸は未体験だった私。鍼灸専門学校の見学で初めてお腹にお灸をしてもらう体験をした時、真冬なのに全身がポカポカ暖かいまま帰宅できたことから「鍼も凄いけどもしかしてお灸も凄いんじゃないか…?!もっとお灸をしてみたい!」と思っていたので、手軽にお灸が出来る商品を知って歓喜

 

早速買って試してみた。

 

***

ポチッてすぐ届くAmazonの有難さを噛み締めつつ開封

 

f:id:yoyoko-445:20200325172649j:image

 

箱の説明書き

f:id:yoyoko-445:20200325172823j:image

どの辺がお灸?って思ったら、発熱剤の下にモグサシートがある〜(お灸はヨモギの葉を精製して作ったモグサを使う)

 

お灸というとモグサの塊(と言っても米粒くらいのサイズだけど)に火を点けて温めるものだけど、このシートに発熱剤という組み合わせでどの位効果があるものか…いざお試しです。

 

***

先のツイートで宣言した通り仕事中に貼ってみました。貼ったのは、デスクワーク中どうしても痛くなってしまう肩。ちゃんと知識があったら経穴(ツボ)とか経絡とか考えて貼ってみたかったけど分からないので押して痛い所に貼った。(説明書にも指で触ったり押して痛い所とか気持ちいい所に貼れば良し、と書いてあったはず)

 

f:id:yoyoko-445:20200325173438j:image

ボートネックの服を着てたからだけど、結構、貼ってます感がイナメナイ(笑) 金色に輝くお灸を貼って勤務開始。

 

***

以下貼ってみた感想です。※個人的な見解です

 

①お灸をしている感覚はない!

平均温度は40〜50度。貼るカイロは40度から最高60度位までになるらしいけど、カイロのような直接的な温かさ(熱さ?)は感じない。匂いもほぼ無臭なので、その内貼っていることを忘れる。

 

②貼った所の周りが温かくなる!

本当に温かいのか疑わしくなって肩周りを触ってみると。貼った箇所から一回りくらいの部分がジンワリ温かくなっていた。貼った所がピンポイントで温かいのではなく、周りにジンワリ温かさが広がっているような感じ。

 

③気付けば肩と首が痛くない!

デスクワーク中、肩に力が入って硬くなってしまいがちで、よく首を回したり肩を揉んだり腕を回したりしてるのだけど、お灸シール中これらの動きを全くしなかった。気付いたら、肩や首の痛みをあまり感じていなかった!これは、驚くべき効果…!

 

④使い終わった後も続く心地良さ!

パッケージには「持続時間は3時間」と書かれているけれど実感としてはもっと長い間温かかった。結局6時間くらい貼っていたけど実際どうなのかな?あともう一つの驚きは、剥がした後も痛み緩和の効果が続いたこと。私は寝起きも肩周りが痛いなーと感じることが多いけれど、なんと翌日も痛みを感じなかった。

 

私は鍼灸好きだからプラセボ効果的なものなのかもしれないけれど、実際すごくラクになった感覚があった。これは2日おき位でやったら毎日の元気にプラスアルファなのでは!?

 

⑤湿布や痛み止めに頼らなくていい!

肩凝りがひどい時よくロキソニンテープを貼って痛みを感じないようにしていたけれど、実はあんまり貼りたくなかった。ロキソニンって飲み薬の方は胃部不快感とかの副作用があると聞き、テープでも貼り過ぎは良くないかも?と不安だったから、これからはロキソニンテープ使わなくていいかも!と思ったら嬉しくなった。

 

***

まだ本格的にお灸を据えたことがないから、この貼るお灸の効果が実際のお灸と比べてどうなのかは分からないけれど、手軽にいつでも誰でもお灸の効果を味わえるのが良いなと思った。

 

飲み薬でもないし、火も使わないから安全だし、肩こりや腰の痛みがひどい人は試してみてはいかがでしょうか。