三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【444】2020年・テコンドーの目標

1/7は稽古始めでした!

 

年末年始全く運動してなかったのでいきなり運動して大丈夫か心配でしたがヒーヒー言いながらも無事1週間乗り切ったので、改めて2020年の目標を掲げたいと思います。

 

では、行きます!

 

***

①怪我をしない!

 

2019年は、練習し過ぎなのか柔軟不足なのかフォームが良くなかったのか、秋くらいから左膝裏を痛めてしまった。未だに少し痛い。

 

また、年末に瓦割りの練習をして右手の小指の付け根の骨周辺も痛めてしまった。これもまだ痛くて、心配になって土曜日にレントゲンを撮りに行ったほど(幸いヒビは入っていなくて一安心)。

 

初心に返って「自分はテコンドーとどう付き合っていきたいか」改めて考えると、私は選手になりたいわけではない。もちろんキョルギで先輩に勝ってみたいし強くも上手くもなりたいけれど、それ以上に生涯スポーツとしてテコンドーを長く楽しみたい。回し蹴りや連続蹴りを、自分の思いのままに繰り出す楽しさを1日でも長く感じていたい。怪我をしたら、もしずっと続く痛みを抱えてしまったら、この目標は叶わない。

 

長く続けられるように、2020年は怪我に気をつける。

 

そのためには、これまで通り練習を休まないことはもちろん、練習日以外もストレッチを習慣にして柔軟性が衰えないようにしておきたい。

 

***

赤帯に昇級する!

 

テコンドーをしている以上、帯の昇級は常に目標の1つです。

 

帯のために練習しているわけではないけど、それでも昇級出来ると頑張りが目に見える形になるのでやっぱり嬉しい。

 

自分は2020年は2回昇級のチャンスがある。全部合格出来れば年末には赤帯だ。

 

去年の4月みたいに悔しい思いをしなくて済むように、緊張しても普段やってることが当たり前にできるくらいに基本を沢山練習する。

 

***

2020年の目標はシンプルにこの2つ!

「怪我をしない!」

赤帯になる!」

 

達成できますように!