三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【575】36歳の時にそれまでの人生で一番楽しくいたい

30歳。来年31歳。

 

32歳になる年に会社を辞めて進学すると決意してから描いている未来の自分のイメージがある。

 

それは

 

「36歳の時“今がこれまでの人生の中で1番楽しい!”と胸を張っている自分」

 

なんで36歳かと言うと。

 

私の目指す資格は国家資格で、3年間の専門教育を受けないと受験資格がもらえない。

 

なので、32・33・34歳は学生ということになる。

 

34歳・専門学校3年生で国家試験に無事合格できれば、35歳からその資格の保有者として新しいキャリアを始めることができる。

 

35歳で新人。しかも専門職。お金を頂いて施術をすることになると、企業OLを数年やったくらいの人間力や社会性だけではやっていけない、厳しい毎日があることが想像される。(もちろん学校も厳しそう…)

 

きっと35歳の自分は必死の仕事生活をしているだろう。

 

36歳はその1年後。明らかにまだまだなんだろうけれど、1年その仕事を経験して少し自信が付き始めるんじゃないか…?となんとなく想像する。というかそうであってほしい。そうあってくれ、私…!

 

だってそれから死ぬまでずっとその仕事で食べていく覚悟で今を過ごしているのだから…。

 

と、こういうわけで、今私が目指す中距離の未来は36歳。その時の自分が人生楽しんでいられるように、そこに向かって今を生きたい。