三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

今できていることを振り返ってみる

急に仕事に行きたくなくなってから憑りつかれている考えがあって、それは「自分は何もできない」という超ネガティブなこと。仕事に限らず人生全体的に。

 

しかし「自分は何もできない」って一見謙遜みたいに聞こえて実はセコく逃げてるだけだったりする。

 

昔読んだ山崎ナオコーラさんの作品で「自分なんか駄目な奴だと決め付けるのが一番楽」というような言葉があって、それって真実だなぁと思う。自分で自分を一番下まで落としたらもう落ちようがないし、周りもそれ以上批判できなくなるし、自分も自分を駄目って認めてるから傷つかないし。

 

で、このセコく逃げてる状態を2週間くらい続けている。

 

よくないなぁ、と思う。

 

何もできない人なんてこの世にはいない!私だってできてることはあるはず…!まずは自分ができてることを振り返って自己肯定感だけでもアップさせなければ…。じゃないと人生が停滞したまま進まなくなってしまう。

 

ということで、自分でできてると思うことを主観で思いつくままに箇条書き。ブレストみたいなものなので否定はナシで。

 

  • 自炊ができる
  • 毎日お弁当を作れる
  • お金の節制ができて年収の半分も貯蓄できる
  • 週4日もテコンドーに行ってる
  • ハードな練習に付いていける
  • かかと落としが上手い
  • 腕の筋肉がマッチョ
  • 毎日1万歩くらい歩いている
  • 韓国語ができる
  • 英語が少しだけできる
  • ブラインドタッチがめちゃくちゃ早い
  • 電話応対が上手い
  • 仕事を溜めない
  • 準備や段取りが丁寧
  • 猫を抱っこできる
  • 一緒に遊んだり悩みを相談したりできる友達がいる
  • 本をよく読む
  • 割と何でも食べられる
  • 断酒が2年も続いている
  • 食生活の自己管理ができる

 

お~。10分で20個も書けた!20個もできることがあれば「何もできないやつ」とは言えないな。だから今ある土台に上乗せするとかプラスで何かやってみるとか、全然できるじゃん。

 

自己肯定感上がったから一旦今日はここまで。