三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【7/8~14】今週の練習(蹴り)

          f:id:yoyoko-445:20190715152154j:image

 

テコンドーの練習記録。もう先週になっちゃったけど…(^^;)

 

今週は蹴りメインの練習でした。走って蹴って、コンビネーション(2種類の蹴りの連続蹴り)で蹴って、週末はキョルギだけの特別練習会!4回ある練習で1回は残業で行けなかったけど、3回は行って体動かたからなかなかよかったのではないでしょうか。

 

さて、練習結果!

 

蹴り

  • トルリョチャギ(回し蹴り)の時よく「ソン ネリョーッ!(腕下ろしてー!)」と言われることが多いので結構毎回意識していて、軸足と反対側の腕を思い切り後ろに引いていたのですが、師範から「ぎこちなく見える!」とのご指摘。。「じゃあ腕はどうしたらいいんですかっ」と聞いたら「軽く下ろすだけ!」だそうです。「ソン ネリョーッ!」って言われたら「軽く下ろすだけ。」!
  • トルリョチャギ上段・他。上段で脚が上がるのはいいことだけど、脚につられて肩が一緒に上がってる。上半身が動いてしまうくらいなら脚はもっと低くていいとのこと。これ、言われても意外と直すの難しい。。上段蹴る時、あんまり体に力入れてないつもりだったけど、力入ってたのかな…

 

キョルギ

  • カウンターの代わりにティチャギ(後ろ蹴り)を使う!相手がトルリョチャギを発動させるために脚を上げたタイミングでティチャギでバーン!と蹴る。これまでキョルギの練習の時は正面からしか蹴ってなかったけれど、初めて後ろから蹴る指導をしてもらいました(指導されないと出来ないタイプ…出来る人は色帯でもバンバン回転系の蹴りをやってる。。)これ、すごい!決まったら気持ちよさそう。しかし、フリーキョルギでは怖いのと余裕ないので実践できなかった…
  • カウンターは後ろに引くだけじゃなくて、左右にも引くこと
  • 「ミット蹴りや約束キョルギでは蹴れてもフリーキョルギになると蹴れない!」と師範と副師範に言ったら「まずはそこからだから!」。あせらず今できることを丁寧にやる。
  • ノウハウ本などのコツを真似するのもいいけど、人それぞれ。自分は師範から見ると「動きが早いタイプ」らしいのでそれを生かす……にはどうしたらいいんだろう?模索…

 

キョルギ会は特別練習だったので、(たぶん)初めて中級以下の練習生も希望者はヘッドギア付けて上段アリのキョルギに参加できた。

 

が、私は希望しなかった…。怪我したくなくて…。けど、こんな機会滅多にないからやればよかった…?少し後悔。