三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

ブログのタイトルが決まらない

こんにちは、よよこ(@445yoyoko)です。

 

ブログのタイトルが迷子です。この前までは『蹴りたい、削りたい』というタイトルでした。理由は、テコンドーとミニマリズムの考え方が好きなのでそれらについて色々書くブログでありたいと思ったからこのタイトルにしました。

 

が、フタを開けてみると毎週のテコンドーの練習記録以外ほとんど書いてない。誰に読まれていなくても、文章を書くのは好きなので本当はもっと書きたいとか書いてみようと思うことが多々あるんだけれど、「蹴りたい、削りたい」というタイトルにしている以上やっぱテコンドーとミニマリズムのことを優先して書かないとな~と思ってしまって、別に誰と約束しているわけでもないのに自分で自分を縛ってしまって趣味のブログのはずなのに好きなことが書けないという謎な状態になっていました。

 

じゃあタイトル変えればいいじゃん、と思って変えようとしたけれど、15分くらい考えて何も思いつかなかったので暫定的に「タイトル未定」にしました。アイドルが新曲出す時も「まだタイトル決まってないけどとりあえず新しいシングル出すからヨロシク!」ってお知らせだけ出すことあるから(というか私の好きな欅坂46は大体いつもそう)、図々しくそれに乗っかって自分も「タイトル未定」にした。

 

他にもブログという媒体に書くにあたってイッチョマエに悩んでいることはいくつかあります。

 

・文体をどうするか?

・記事の更新は1日1回までにしたほうがいい?

・毎日決まった時間に書くべき?

・1000字以上は長いから、短く書くべき?

・見出しつけるべき?

・テーマに沿ったことを書くべき?

・人の役に立つ情報を載せるべき?

・炎上収拾できないなら尖った意見は書かないほうがいい?

 

なんか、ね、馬鹿馬鹿しいことで悩んでました。別にプロの作家でもなく、収益を目指してるわけでもなく、ただ思ったことを文章にしたいから始めただけの趣味なのに、他人の目を気にしてるのが滑稽で。ありがたいことに数多あるブログの中から私のブログにも目を留めて開いてくれる方がほんの少しいて、そういう方には心の底からありがとうございます。だけどそこに気を使って思ってることを書かないんだったら、この場所は一体なんのために作った?日常で周りの目を気にして言いたいことの半分も言えないのに、ネット上でまでそんなことを気にしていたら本音が溜まり過ぎて窒息するんじゃないかと思ったので、もうあんまり色々気にせず自由に好きなことを好きなように書こうと決めました。

 

余談ですが「そんなこと言うなら手帳にでも書けばいいじゃん」「公開しなきゃいいじゃん」という意見は受け付けません。どんな駄文だとしてもウェブ上に書きたいし公開もしたい。あと、手で書くよりキーボードのが思ったことをそのままのスピードで文字にできるから(私はブラインドタッチがめちゃ早くて、思ったことや自分が話したことをほぼ同時に文字化できる)。そういうのも考えるとやっぱりブログがいいなという次第。

 

自分で自分に変なしがらみを与えてストレス溜めるのはもうやめよう、と思う。