三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【5/20~5/25】テコンドー・今週の練習

こんにちは、よよこ(@445yoyoko)です。

 

先週土曜の興奮冷めやらぬまま今週の練習もスタートです。

 

▪️1回目

雨のせい?参加者が少ない練習でした。練習前、早めに着いたので土曜に教えて頂いたポイントを意識して3章の練習を少ししました。

 

そして練習は蹴り!入念に脚のストレッチから。そして腿上げ、ミット連続蹴り、最後は防具を着けてキョルギの蹴りの練習。

 

ネリョチャギ(かかと落とし)、みんなに脚の高さ褒められて嬉しかったー!!

 

ネリョチャギは実はすごく苦手意識があったけど、秘密の特訓の効果(?)で脚はだいぶ上がるようになりました。秘密の特訓とは、仕事中とか日常で「ここまで脚上がるかな?」と妄想して頭の中で蹴ってみること。よくやるのはエレベーターの上の階のボタン、給湯器…あ、実際には決して蹴らないです。あくまで妄想…けどそれをやってるとなんとなく「ここまでは上がりそう」「これは無理」みたいなのがイメージ出来るようになる気がしてます。気のせいかもしれないけど。

 

けど他は要改善!ヨプチャギ(横蹴り)は準備時間が長過ぎ、ティチャギ(後ろ蹴り)は脚を伸ばしきってから振り向く。次回の練習では直せるようにしないと。

 

■2回目

この日は結構人数が多かった。2チームに分かれてミットを持って、走りながら蹴る練習。昨日注意された「ヨプチャギの準備(滞空時間)が長過ぎる」を注意して、勢いよく蹴るよう気を付けました。準備動作をしっかり構えてから蹴る、を意識すればできるけど、走ってる&後ろからどんどん次の人が走ってくる(コワイ笑)と焦ってしまってどうしても準備動作がおろそかになる。審査の時もそうだけど、自分のなかで「焦り」が一番の敵というか、弱点だと思う。焦らないオトナになりたいよ...

 

■3回目

この日も結構人数いた。金曜日はいつも多目。練習内容は前日と同じ。3回目になると動きも慣れて、あと練習の終わりがどこなのかわかっているので体力的には結構楽。自分の実感では楽しく蹴れた日でした。なんというか脚が軽い感じ。

 

練習後のストレッチの時師範から「今週動きいいじゃん👍」と言われて有頂天。自己満足だけじゃなくて、師範から見てもちゃんと動けてたと思うと嬉しい。分かりやすく調子に乗って、帰宅後一緒に練習していた彼女に自慢する。うっとうしい彼女ですみません。。

 

■4回目

大人数。前日と同じメニューかと思いきや違った。罰ゲーム付きのシャトル蹴り(シャトルランしながら起点と終点で蹴る)。これがすごくハード。そして終わりが見えない← その後はボディミットで連続蹴り。右だけ、左だけ、何十回も蹴る。あまりよくわからないけど、ハンドミットよりボディミットのほうが蹴った時の疲労感が大きい気がする。一発の蹴りが重いというか。ラストターンの30回がきつかった。もっとスタミナをつけないと...!

 

練習後、他の練習生から「ネリョチャギ(かかと落とし)めっちゃ上がるようになったね!」「ネリョチャギ力強かった!」とネリョチャギをたくさん褒められた。実はイメトレ以外にもネリョチャギ上達に貢献してると思うトレーニングがある...たぶんそれの効果が出たのだと思う。やったぜ。

 

 土曜の練習の後、彼女と友達と美味しいと評判の板橋冷麺(パンギョレイメン)を食べに行きました。

f:id:yoyoko-445:20190526183641j:plain

看板メニューの冷麺。780円、安い!

気温も暑い中、練習で汗だくになった身体にサッパリした冷麺が染み渡りました~。評判通り、シンプルな味でとても美味しかったです。この店はカンジャンケジャンの定食があって、カンジャンケジャン好きな友達は興奮していた笑 また練習頑張った日に食べに来たいなぁ。