三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【平成最後!】テコンドー・今週の練習

こんにちは、よよこ(@445yoyoko)です。


連休前ということで、今週は水曜が最後の練習でした。待望のキョルギ週!キョルギの動画を観まくっていたので気合いだけは一丁前に持って練習に参加←


そんな今週の練習。


火曜日

自分の中では結構攻めていけた気がする。師範や黒帯の先輩と組ませてもらった時、1発ずつは割と綺麗に胴を蹴れたと思う!蹴った時「おー!」って言われたし、自分でも入った!と思えたので…(自惚れかもしれないけど…)


そして自分の番じゃない時は他の人のキョルギを見るけれど、師範や上級帯の先輩たちは「相手が離れた時に蹴っている」ということに今更ながら気がついた。


自分から距離を作ることもあるけれど、基本は相手が蹴ろうとして後ろに引いたタイミングで蹴りを発動させいてるようだった。そして自分からはあまり引かない。グイグイ迫って相手が堪らず距離を作ろうと引いた時に蹴る!


よくキョルギの時に「引くと蹴られちゃうから前に前に!」とか「蹴った後引いちゃダメ!前に体重かけて!」とうアドバイスをもらっていて、これまで「なぜ引いちゃいけないのか?」「なぜ蹴った後前に行かなきゃいけないのか?」が実感としてよくわかってなかったのだけれど、ようやく「こういうことか!!」と理解できた。


この日は3:30に起きて始発で仕事に行っていたので眠くなるんじゃないかと心配してたけれど、むしろ逆に変なテンションになってて、怖いとかそういう気持ちもなく、しかも蹴られても痛いと感じなくてかなり頑張れた。


けど次の日起きたら蹴られた箇所が普通に痛くて、痛くないと思ってた足の甲やら肩やら腕やらがアザだらけになっていて、やっぱり蹴られたら痛いんだから痛くないとか思わないで気をつけて練習しなければと反省したのでした。

 

 

水曜日

前日に引き続きキョルギ。ちょっと風邪気味だったけど、平成最後の練習なので頑張って参加。


先輩たちのように、連続で速い脚の運びで蹴れるようになりたいと思って開始前からちょっとだけ蹴りの練習。


1回蹴った後の2回目をすぐに蹴ろうとするとどうしてもダブル(2段蹴り)になってしまう。普通にトルリョチャギ2発連続を速く蹴りたいのにそれが難しい。先輩たちを見てるとトルリョチャギなのに、2発目以降の脚の運びがめちゃくちゃ速い。どうやったらできるようになるんだろー。


師範に聞いたら「腿を上げて蹴ればいいよ」と言われたけれど、まだそのアドバイスが分かるレベルじゃないのかも…腿上げたら更に遅くなってしまう。。いつか師範の言ってる意味が分かるようになりたいな…

 

 

練習後はみんなで「平成最後のキョルギだったねー!」「平成最後だからもっと蹴っておけばよかった…」とか言いながら雑巾掛け。

 

次の練習は連休明けから。令和の時代も練習頑張ろう!