三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

【3/25~3/31】テコンドー・今週の練習・プンセ回

更新が遅れてしまった!忘れないうちに書きます💦

 

火曜

審査に向けてプンセと各蹴りの練習。

ティチャギ(後ろ蹴り)の時、脚が開いてるから注意!と言われたので、できるだけ膝を閉じて真後ろに蹴ることを意識。右はいいけど左が開きがち。

けど、これまで「なんで右はちゃんと蹴れるのに左は蹴れないんだろう?体幹がないからかな?」とぼんやり疑問だったのが、「左のティチャギがうまくできないのは脚が開いているから」と分かったのでこれからの練習で活かせそう!

 

水曜

この日も審査に向けて蹴りとプンセの練習。

全体練習の時に師範から「前よりよくなった」と言われて、超テンションが上がった!「誰と比べて上手い」とか言われるより「前の自分と比べて上手くなった」と言われるほうがずっとずっと嬉しい。前の自分より少しでも上手くなってると客観的に(しかも師範から!)言ってもらえると、毎回の練習が無駄じゃなかったんだなぁ、ちゃんと少しずつでも身についてるんだなぁ、と思えて嬉しい。好きな作家さんの考え方で「成長とは、昨日の自分より一歩でも前進すること」というのがあって、それを自分で実践できた&実感できたのが嬉しかったな!

 

 

さて、先週は、実はこの2回しか行けませんでした。

金曜日は仕事のミスが発覚してリカバリーすべく奔走。土曜日は前日のミスを引きずってメンタルがやられたのと、残業疲れが抜けずで練習に行けませんでした。。

 

審査まで日がないから家で型の練習だけ少ししたけど、予定外の欠席で気持ちが少し焦る。。けど、水曜の練習のあと、師範から一人一人にアドバイスがあって、その時に「よよこは焦らないこと」という言葉をいただいたので、こんなときこそ焦らず落ち着いていきたいと思います。