三十路模索日記

30歳で鍼灸師を目指すことにした三十路のブログ。趣味のテコンドーの練習記録や日記も兼ねてます。

花粉と化粧とそれから私

絶賛花粉症発症中の私です。

 

花粉症になったのは中学3年生の時なのでかれこれ15年くらい、毎年春には鼻づまり、口腔内や目の痒みに悩まされています。

 

重度の花粉症には、この時期の道場での練習は厳しいものがあります。

 

まず当たり前ですが練習中は鼻をかめない。目薬もさせない。けどそのくらいは想定の範囲内

 

問題はミット打ち。スパーリングでミットを打つと風が起きる!その風で道場内の見えない花粉やホコリが舞う!鼻に入る!目に入る!口に入る!これが想像以上にきつい。マスクして、コンタクトもメガネにして、それでもつらくて、一昨年一回練習を早退したことがあるほど。こんなやついるんだろうか...

 

去年、自分に合う薬にようやく出会えたおかげでさすがに早退するほどではなくなりましたが、それでも花粉症なのは変わりなく。今年も薬を飲みながらなんとか頑張ってる次第です。

 

 

 

ところで、私は普段練習に行くときあんまり化粧をしません。理由はガッツリアイメイクとかしてもどうせ汗で崩れるから。目の下にマスカラついてパンダみたいになったりするので🐼(メイクが下手なせい??)

 

けどこの前の土曜日、昼間友達と会っていたので久々に化粧をした状態で練習に行きました。

 

で、練習してたらやっぱり花粉症の症状が出るわけです。休憩のタイミングで、我慢出来ずに目をこすっていたら、一緒に練習している方から

 

「目、大丈夫!?赤いよ~!花粉症大変だよね、まぶたも腫れちゃうし。」

 

...違うんです、まぶたは腫れてない、

 

これは、

 

これはアイシャドウです...

 

 

けど言えなかった...(´Д` )笑

 

 

普段化粧してなくて見慣れないから出た言葉だと信じます。

 

(メイクの練習をもっとするべきなんだろう、きっと...←)